キッチンを掃除するときのポイント

キッチンの掃除に使う時の洗剤はどういうものがいいの?

キッチンには、さまざまな汚れがあります。
その汚れの種類の分を補う分の洗剤があります。

 

ザッと挙げるだけでも、

 

油汚れ、

 

排水管の汚れ

 

冷蔵庫や家電製品の汚れ

 

換気扇の汚れ

 

キッチンの床汚れ

 

ちょっと思いついただけでもこれだけの汚れが
混在しているのがキッチンです。

 

それぞれの汚れを見極めて、
その汚れにあった洗剤を使う事が、きれいにする近道です。
油汚れには、基本的に「油汚れ専用」とかかれているものを
使うのがいでしょう。

 

ティッシュなどを汚れのひどいところに敷き、
その上から洗剤をかけ、汚れをうかせます。

 

しばらくして、汚れが浮いてきたころに洗剤をつけた
スポンジで軽くこすると落ちていることが多いです。

 

頑固な汚れには、何回もやる必要があるかと思います。

キッチン掃除に重層

キッチン掃除には、重曹を使っているお宅もあるかもしれません。

 

重曹は他の洗剤に比べてエコで手にも優しいものなので、
食品を扱うキッチンには最適なものだと思います。

 

使い方も様々で、
そのまま振りかけて使ったり、

 

ペースト状にして、練って使ったり
お水の中に、重曹をといて「重曹水」として
使ったりと、多様に使えるので便利です。

 

また、消臭効果もあるので
容器に重曹をいれ、冷蔵庫に置いておくだけで
冷蔵庫内のにおいをとってくれたりします。

 

重曹は、
普通の洗剤としても使えますが、

 

ちょっとにおう排水溝のお掃除にも使えます。

 

排水溝のまわりと中に、重曹をふりかけ
そこに、カップ半分ほどの酢をまわしかけます。

 

そうすると、泡が出て綺麗にしてくれます。
その後、30分ほどしてから熱湯をかけてゆすいでください。

 

重曹でちゃわんをこすると、茶渋がすっきりとれますし、
換気扇などの、強い油汚れにも重曹を使うときれいになりますよ♪

キッチンの掃除を簡単に♪

キッチンに限らず、お掃除は「汚れをためないこと」が一番なのです♪
それでも、キッチンはいろんな汚れが混在しているので
「後でいいや〜」と思っていると、あっという間に汚れが蓄積されてしまって
大変なことになります。

 

ちょっとしたコツを知って
楽に、簡単にできるお掃除を身につけちゃいましょう!

 

○コツ1

 

汚れたらその場で!

 

コンロのところに、お味噌汁をこぼしちゃった〜
となった場合、あなたならどうしますか?

 

a,こぼした時にサッと拭く
b,片付ける時に、一緒に拭く

 

どちらが、後で簡単になるかというと・・・

 

aのこぼした時にサッと拭く です!!

 

なぜかと言うと、コンロ周辺は使った後ならまだあたたかい
状態ですよね。

 

あたたかい状態の時の方が、汚れが落ちやすいんです。

 

それが、コンロが冷めてくると、汚れが落ちにくくなってしまうので
その場でサッとでも拭いておく方が、楽です♪

 

○コツ2

 

すぐに汚れが拭きとれるように、古布を準備しておく

 

これが意外と、お役立ち♪

 

特に油汚れは、大布巾で拭きたくないものですよね。

 

でも、放っておくと後で大変なことになるので、
なるべくならその場で拭きたい・・・

 

そんな時に使えるのが古ぬのなんです。
もうぼろぼろになったタオルやTシャツを小さく切って
まとめて置いておきましょう。

 

ちょっと油がはねたら、すぐに拭けます(笑)

 

ついでに、シンクも拭けて、
汚れたらゴミ箱へポン!

 

汚れをこまめにとっていくことで、
毎回、全体をきれいにできなくても、きれいなキッチンを保てます♪
ぜひ、お試しください〜^^