窓を掃除するときのポイント

時短窓掃除にはワイパーが便利

窓ふき掃除というと、ガラス用の洗剤にタオルというのが、定番という方、いらっしゃいますか?

 

確かに、それが昔からの定番で、やればやるほど、綺麗になりますよね。

 

でも、それだと一枚を拭くのにとても時間がかかる・・・
そんなお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな時に、便利なのがワイパー
別名、スクイージーともいいますが、車のワイパーを短くしたようなものです。

 

こんな感じ↓

 

 

窓に洗剤を拭きかけて、これでスーっと拭くだけで綺麗になります。

 

もちろん、使いこなすにはちょっと慣れないと無理かもしれませんが、
今までのように、タオルでゴシゴシする必要がないので、腕も痛くなりません。

 

慣れて、早く出来るようになると窓ガラス一枚につき5分くらいで済むのではないでしょうか。

 

我が家は、なるべく窓を大きく。ということで作ったので
窓もたくさんで枚数もけっこうあるんですが、ワイパーを使う事で、とっても早く窓ふきが出来るようになりましたw。

 

時間もかけずに素早く綺麗にしたい!という方にはおススメの商品ですよ♪

簡単な窓掃除の方法

窓掃除の仕方は、それぞれのお家のやり方があるかと思いますが、お掃除の達人にお聞きしたところ、

 

窓ふきを簡単に綺麗に掃除する仕方は、タオルとかではなく、
道具を使う事が一番いい方法だということです♪

 

その道具というのは、あなたも一度は見たことがあるはずの
「スクイージー」

 

窓掃除には、必需品の道具です。

 

 

 

これで、スーッとやるだけで綺麗になるので
窓ふきが好きではない人も楽しくやれるとのこと♪

 

やり方は簡単です。

 

濡らしたタオルで、窓全体を濡らして、上からスクイージーを
滑らせていくだけです。下まで来たら、しずくを雑巾で拭き取る。
それの繰り返しです♪
スクイージーの幅によっては、3,4回やれば済むのでとっても簡単です♪
時間も、窓一枚で5分もあれば拭けると思います♪

 

短時間で出来るようになれば、わざわざ大掃除の時に。と考えなくて済むので、気がついた時にすぐに出来るようになりますから
ぜひお試しください〜^^

窓掃除の洗剤はどんなものを使う?

窓掃除に洗剤は使っていますか?

 

ガラス用の洗剤がたくさんの種類で売っていますが、洗剤を使わなくても綺麗になります

 

反対に洗剤をたくさん使うほど、
洗剤から出る泡を消すのに大変なので、我が家では使っていません。

 

ただし、お水が使えないような場所では、少しずつ使うといいかもしれません♪

 

ひどい汚れの場合でも、濡らしたタオルで拭けばある程度は綺麗になるものです。

窓掃除のコツ

窓掃除をする時にもコツがあります。

 

それは、雨が降った次の日や、湿度の高い日がいいです。

 

晴れた日にやりがちですが、晴れているとそれだけ汚れも乾いているので
落としずらいということがあります。

 

反対に、湿っているくらいの方が汚れは落ちやすいですから。

 

あとは、綺麗に仕上げるコツなんですが、

 

全体的に乾いた後に、もう一回乾いた布で拭く。

 

これって、面倒!だと思う方多いんですが、
一回拭いただけだと、どうしても拭き残りみたいなものがあるんですよね。

 

それを最後、もう一回拭くとピッカピカに!!
全ての窓でなくても、南側の窓だけだったり、目立つところだけでもすると
お家の印象がアップしますので、ぜひお試しください!

窓掃除に新聞紙を使うと綺麗になる!

窓ふきに新聞紙を使って掃除すると、綺麗になります。

 

濡らしたタオルで窓全体を拭き、空ぶきする時に、タオルの代わりに
新聞紙を使うのです。

 

大きな窓なら、大体2枚くらいで一枚分でしょうか。

 

タオルのような拭き残りもなく、ぴかぴかになります。

 

それは、新聞紙のインクが関係しているそうです♪

 

洗剤も特に必要が無いし、新聞紙ならどこのお宅にもあるものなので、
エコにもなりますね。

 

ただ、インクが手につきますので、ゴム手袋は必須です(笑)