お風呂を掃除するときのポイント

お風呂掃除の時の洗剤

お風呂掃除をするときに、洗剤使っていますか?今はたくさんの洗剤があるので、どれを使っていいか迷っている方も多いのではないかと思います。
基本、お風呂は皮脂や身体から出る、老廃物(垢)が主な汚れの原因なので、
それを落とすための洗剤であれば、どんなものでもいいと思います。
一般的には、ホームセンターで売っているお風呂掃除用の洗剤で充分です。
もっとエコで、お肌にやさしい洗剤を〜とお考えなら、重曹という手もあります。
重曹は、細かい顆粒になっているので、配管のお掃除もしてくれるので、一石二鳥です。
でも、気をつけなければいけないのは、完全に流すこと!
少しでも残っていると、重曹の流れきれなかったものが
乾いた時に、床にそのまま残っていたりするからです(笑)重曹を使う場合は、完全に流し切ることが重要です。

お風呂掃除で一番の敵は「カビ」?

お風呂掃除で一番いやなのが、カビです。
お風呂自体がじめじめとしているところなので、カビが生えやすい環境なのですね。
カビを生えさせないように予防と、カビが生えてしまった時の対処方法をお教えします。
カビを生えさせないようにするには、「換気」が一番です。風通しをよくするということですね。
最近のお風呂は浴室乾燥機能がついていたりするので、それを上手に使ったり、
昼間は、お風呂の窓を開けるなどの工夫をすれば、生えにくくなります。
カビが生えてしまったら、専用のカビとり剤を使うのが手っ取り早く、綺麗になります。
カビを変にこすったりしてしまうと、カビを広げる危険もあるので、気をつけましょう。

お風呂の床掃除の簡単な方法

お風呂掃除をするときに、ブラシとスポンジを上手に使い分けましょう。
ブラシを使うのにいいところは、床です。
お風呂掃除の時に結構やっかいなのが、床です。毎日素足で歩くところですし、濡れているので、お掃除をさぼると
すぐにぬるぬるになってくるやっかいなところでもあります。
床のお掃除を簡単にするには、デッキブラシを使うのが一番簡単です。
ちょっと大きくて、置き場所に困るとは思いますが、かがまなくていいですし、ブラシ部分が大きいので
広い浴室でもすぐにお掃除が終わります。
ゴシゴシこすっていると、ストレス解消にもなるのでおススメですよ♪

お風呂掃除の仕方は?

お風呂掃除の仕方は人それぞれだと思いますが、あなたももしかしたらやっているかもしれませんが、
お勧めなのが、お風呂に入った時に「ついでにやってしまう」です♪
お風呂は毎日のことなので、お風呂を上がる直前や、お風呂に入ってすぐなど、
自分で掃除する時を決めてやるようにすると、自分の身体を洗うような感覚というか
習慣になってしまうので、楽に出来るようになります。
自分裸になっているので、濡れる心配がないのもいいですよ

お風呂の鏡の汚れ、どうしてますか?

お風呂掃除の時の「鏡」の汚れは、水道水のミネラル成分と塩素が鏡の表面につく、ウロコ状の汚れです。
一般的な洗剤では落ちにくいのが現状です。
一生懸命洗剤を使ってゴシゴシしても落ちないので、あきらめているお宅もあるのではないでしょうか。
今は専用の洗剤があるので、それを使うのが手っとり早いです。
ガラスクリーナーや、油膜落としなど使っても効果が感じられなかった方にもお勧めなのが
こちらです♪

 

 

 

 

お風呂掃除をするときは、天井もお忘れなく!

お風呂掃除をするときには、ほとんどやらないのが天井ではないでしょうか?
カビなどが出てしまった天井は、一刻も早くとってしまうのが先決ですが、
普段のお手入れは、冷たいシャワーをかけるだけでも充分です。
お風呂上がりに、シャーっとかければ、浴室自体の温度が下がり、カビも生えにくくなるそうです。